本文へスキップ

一般社団法人日本磁気吸着工法協会は磁気吸着装置の販売と施工を行う団体です。

TEL. 0897-64-9116

〒793-0030 愛媛県西条市大町604-7

キーパーSIRISE KEEPER

キーパーシリーズ

鋼製支柱と土中、屋外配管と架台、鉄道架梁と枕木など、様々な環境下の接触部で起きるマクロセル腐食に対し亜鉛陽極層を形成して電気防食を施します。
使用する場所により亜鉛陽極層の形成方法が異なります。
様々なマクロセル腐食
    
配管と配管架台の間で起こるマクロセル腐食 ポール(鋼製支柱)とコンクリート(土中)
の間で起こるマクロセル腐食

 

ポールキーパー
 NETIS登録済 (登録№ SK-180019)
 鋼製支柱の周囲にリング状の亜鉛合金陽極(メタルガードーリング)を接地してリング内側に可墝性亜鉛陽極(メタルガードソリッド)を充填する構造で被覆防食機能と電気防食機能を持つ複合型の電気防食装置です。
 乾燥時には被覆防食機能でマクロセル腐食を防止し、湿潤時には防食電流を供給してマクロセルの形成を阻止することで、乾湿を繰り返す環境下でも安定して防食することができます。
 

ポールキーパー施工例
フェンス支柱 マンションベランダ支柱  道路照明灯柱(φ216)

・円形の支柱だけでなくプレート型の支柱でも施工可能です。

  

ラックキーパー
 配管と架台の接触部が形成する間際に、三角形杭状の亜鉛陽極(メタルガードウェッジ)と可墝性亜鉛陽極層を形成し塗装やライニング・電気防食装置では成し得なかった乾湿を繰り返す環境下でも安定して防食することができる新しい電気防食装置です。

ラックキーパー施工例

 

ブッリッジキーパー
 プレートガーター型の鉄道橋梁の上フランジの腐食を防止するために、上フランジと枕木が接触する面に0.2㎜の高純度亜鉛陽極の防食テープ(メタルガードテープ)を貼り防食電流を供給して腐食を防止する亜鉛ライニングシステム。
 短期施工が可能で工事費を大幅に抑えることが出来ます。
犠牲陽極機能を備えておりますので、車両重量や振動によって局部的に損傷しても腐食防止機能を喪失すること無く長期間確実に上フランジの腐食を防止するとこが出来ます。

 

ボーダーキーパー
歩車道分離部や橋梁の鋼製地覆に0.2㎜の高純度亜鉛陽極の防食テープ(メタルガードテープ)を貼り地際部分には可墝性亜鉛陽極(メタルガードソリッド)を充填する構造で防食電流を供給して腐食を防止する亜鉛ライニングシステム。
メタルガードテープとメタルガードソリッドの『ソリッド型』
ソリッド型に高純度亜鉛板とネオジウム磁石で鋼製地覆の地際をより確実に腐食防止ができる『高純度亜鉛板型』があります。
 高純度亜鉛板型 ソリッド型
 
項     目   仕      様   備 考 
 高純度亜鉛板型 ソリッド型 
メタルガードテープ  高純度亜鉛  99.996≧% 
 メタルガードソリッド  可墝性亜鉛陽極     混練製品
 ネオジウム磁石  φ16-φ3 -   
 高純度亜鉛板 2tx16㎜x1000㎜  -  
高純度亜鉛板+ネオジウム磁石  
 
ボーダーキーパー施工例

  

ボルトキーパー
 
ボルトナットは構造上凹凸が多く水分が付着して滞留することが容易で、一度湿潤すると水分が蒸発して乾燥するまで腐食が進行し続けます。
ボルトキーパーは電気防食で用いる亜鉛合金陽極・高純度亜鉛陽極と、新しく開発された可擁性亜鉛陽極を用いたボルトナットの腐食防止対策です。
ボルトナットの周囲に現用の最も厚い溶融亜鉛メッキ(HDZ55)の数百倍の厚さの複合亜鉛陽極層を形成して、乾燥時は被覆機能・湿潤時には犠牲陽極機能でボルトナットの腐食を防止します。
当社では、高純度亜鉛陽極板と可僥性亜鉛陽極を組み合わせて用いることにより、あらゆる形状の施設に密着した複合亜鉛陽極層を形成する技術を開発し、従来は電気防食法が適用できなかった乾湿を繰り返す環境中で、被覆防食機能と犠牲陽極機能によって腐食を防止する方法を確立しました。
 スリーブ方式 リング方式
ボルトナットに高純度亜鉛陽極製のスリーブ(メタルガードスリーブ)を嵌合し、内部に可擁性亜鉛陽極(メタルガードソリッド)を充填・固化させて複合型亜鉛陽極層を形成します。   亜鉛合金陽極製のリングを用いることによりスリーブの強度を高めると共に、腐食防止機能をより増強した長寿命型の腐食防止対策です。
 
項    目  仕     様   備   考  
スリーブ方式  リング方式 
メタルガードキャップ  亜鉛合金陽極  切削加工品 
メタルガードスリーブ  高純度亜鉛陽極   圧延加工品 
メタルガードソリッド  可墝性亜鉛陽極   混練製品 
寸法  M16以上   S型・W型 
 固定方法 ソリッドの固化  ボルトに嵌合  

ボルトキーパー施工例

バナースペース

一般社団法人日本磁気吸着工法協会

〒793-0030
愛媛県西条市大町604-7

TEL 0897-64-9116
FAX 0897-53-3122
E-MAIL:saijo@jam-kyokai.or.jp







tatsumi